子育てしながら仕事

ハンデをせおいながらも

先日「子育てママの就活セミナー」なるものに参加してみた。
まずは講師の方のお話。
自分もブランクがあったが、今は現役で活躍されているというお話。
仕事を始めた当初は、「いらっしゃいませ」の言葉さえ上手に発することができなかったという。
今、目の前で饒舌に話している方が・・・と正直驚いたが、同時に、ブランクあっての再就職の不安は、自分だけではないんだという安心感も感じた。
それから、隣に座った初対面の方との電話対応の練習。
面接の日時を取り付けるという設定。
数年前は当たり前にできていた電話対応なのに、家にこもってこどもと過ごす毎日のうちに、できなくなってしまっていた。
何度か繰り返して練習するうちに、昔の勘を取り戻し、言葉も滑らかに出るようになる。
電話の練習が終わったら、お辞儀の練習。
今度は面接室に入る前からの設定。
ノックをし軽く会釈して入室。椅子の横でまたお辞儀。
お辞儀には角度があるらしい。
まるでデパートの受付嬢か、エレベーターガールにでもなったかのような新鮮な感覚。
ここまでくると恥ずかしい気持ちより、もはや楽しんでやろうという気持ちが大きくなっている自分に気付く。
声が小さいことを講師の方に指摘され、みんな次第に声量も大きくなり、最後は講師と向かい合って最敬礼での「ありがとうございました」

なんとも不思議な空間であった。